鮎の放流に行ってきました(年長さん)

LINEで送る

”富士市の水産資源の保護をしよう”という 富士市農政課主催の 稚鮎の放流に、年長組の子ども達が行って来ました。

農政課の方より、「鮎は一年間しか生きられず、その間に川を下り、また上流までのぼってくるのです。」というお話を聞き、驚いている子もいました。
DSC00616体長10センチほどの鮎をバケツにもらい、みんなで 富士川に放流しました。
DSC00622「おおきくなってね~!」
IMG_0014IMG_0007DSC00632稚鮎は とっても元気でピチピチはねて、みんなびっくり!
IMG_0036「あっ!ぼくの放した鮎、あそこかな~?!」
「元気でね~!」
DSC00648最後に特別なホースでたくさんの鮎放流しました。
「鮎の習性で 流れに逆らっておよいだりします」との声に
「ほんとだ!鮎!がんばれ~!」
DSC00639魚に触れたり、命の大切さや川をきれいにする大切さも教えていただき、普段できない体験に大喜びの子ども達でした。
この体験に関して、段取りから準備、当日もたくさんの方のご支援を頂き、また お手伝いに参加してくださった保護者のみなさまも、ありがとうございました。